So-net無料ブログ作成

2017season-25(ハンタマ⑥)今市講習会HYPER [スキー]

まず冒頭、
皆さん御存じのところですが、今シーズンのわたくしのホームゲレンデ、「マウントジーンズ那須」のお隣、「那須ファミリースキー場」付近の雪崩により、今週初め、多くの若い前途有望な尊い命が失われてしまったこと、非常に残念でなりません。
今シーズン、6回訪れたマウントジーンズの展望台から、毎回、那須ファミリーの周辺を望んでいましたので、どこで起きたのか知ってる場所(しかし、滑ったことは無いです。)でした。したがって、事故の一報を聞いて大変ショックを受けました。また、亡くなった高校生は、うちの娘。と同じような年頃…親御さんの気持ちを思うと悲しみに堪えません。慎んで御冥福をお祈りいたします。
この事故、結果論でいろいろ批判を言えるでしょうが、誰かがニュースで言っていた、「(宮城県石巻市の)大川小の事故と根底は同じものがあるのではないか?」に同感です。端的に言えば、フェールセーフ(例え危険な状況に晒されても安全側に働くこと)の履行確保がないこと。また、先日の会見で責任者がいろいろ言い訳してましたが、今回のことは「ああ…残念でしたね」で決して済まさずに、徹底的な原因究明と責任追及、これをしなければ、また同じ「判断ミス」で似たような惨事を繰り返し招くだけだと思います。

**********************************************

[あせあせ(飛び散る汗)]さて、話を変えまして、
[スキー]バッジ1級以上の人の多くは、「スキークラブ」に所属していますが、クラブに所属すれば、スキーの普及と振興を真摯に考え、どうすればスキー界の発展に貢献できるのか?という意識を持っています。(したがって、今回の雪崩事故に関して非常に気にしています。←「スキー場はそんなに危険な場所なのか?」という先入観を持たれてしまうこと。)
そこで、わたくしが所属するスキークラブの上位組織「今市スキー協会」において、この度、スキー界の発展のために何か有益なことをしよう!という運びとなり、いろいろ検討した結果、「クラブ、協会の垣根を取り払って、誰でも参加できる「『この指とまれ!」方式で講習会を開こう」ということになり、いつもお世話になっているH先生a.k.a「伝説のスキー教師」と、これまたいつもお世話になっているM先生を講師とする今市協会至高の御両名から、例年行っていたSpecial講習会(⇒http://heso-m2.blog.so-net.ne.jp/2016-02-10)を基に、スキー技術の「HYPERな講習会」として3月の中旬、

ハンターマウンテン塩原

で実施したという日記でございます[演劇]

6hm6_01.JPG

(場所)


「みんなで楽しく滑ろうぜ~」と別クラブ所属の方でもOK!としましたが、伝説の大師匠!H先生は非常に御多忙な御方なので、そう滅多に教えていただけることが無いのです。
わたくしなんか、「2年ぶりですよ」での御大御登場、とあれば・・・噂を聞きつけて、「参加していいですか?」と増え続け、総勢17名の受講者となりました[わーい(嬉しい顔)]

「この指と~まれ!方式」はなかなか良いです[決定]

伝説の大師匠!H先生も、受講者のみんなに、日頃考えている「この滑り方だー[exclamation]」を伝えたくて・・・とてもノリノリでございます。

6hm6_02.JPG
(朝の開講挨拶の模様)

[スキー]に興味の無い方には申し訳ない記事です。よろしければ続きをご覧ください[次項有]

続きます(は~(・。・)筋肉の伸展を使いますか・・・)


nice!(29) 
共通テーマ:スポーツ